Fujifilm X-T1ユーザーになったよ。

fujifilm x-t1
ずっと欲しいなと思っていながら、購入に至らなかったカメラ。

カメラ屋さんに何度も通って、
色んな人に相談して、
迷いに迷って、迷って、さらに迷って
最終的にFUJIFILM X-T1にした。

決め手は、
私が相談した人が、みんなfujifilmを勧めてくれたことと、
何と言っても、このメーカーのカタログ。

30年近くカタログに携わって来た私。
さすがだなと思うカタログは結構あるけど、
「素晴らしい!」と何度も言いたくなったカタログは久しぶり。

まだ購入前に、沢山のカタログを見比べながら、
何度も「fujifilmさんのカタログは素晴らしい!」と
目の前に座っていた娘が呆れるほど繰り返した。

何が素晴らしいかって、
メーカーのカメラへの愛情がぎっしり詰まっている。
それぞれのレンズが持つコンセプトや、位置づけ、
ユーザーに分かりやすく伝える表現力。写真の美しさ。

よくある有名人を使ったプロモーションに頼ることなく、
あくまでカメラが主役。

それも、愛情たっぷりな人が中心となって手がけている。フジフィルムの素晴らしいカタログ

カメラを選んでいるはずが、
いつの間にか、「あーこの制作担当者に会ってみたいな」と、そんなことを考えてた。

カタログって、どれだけの知識と愛情を持って作っているのか
それが伝わってくるんだよね。
同じ仕事をしている者として、私はその思いに感動してしまう。

最後の決め手になった、このカタログ制作担当者の方へ。
素晴らしいカタログを手にして、私はfujifilm X-T1のユーザーになりました。
これから、じっくりこのカメラと付き合っていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)