食事作らなくなったら、娘から感謝されるようになった。食卓の優先順位は1に会話、2に心の余裕だと感じた話。

ご飯作らなくなったら、
最近、娘から「ありがとう」ってよく言われている。

なんなの、この逆転現象は。

一生懸命3食作っていた頃は
たまに手を抜くと、
娘に溜息つかれた。

今は手抜きして、
気が向いた時だけ作って、
娘から「ありがと〜」と感謝される。

不思議だね。
あんなに頑張っていた時は、
ありがとうなんて言われた事なかったのに。

で、 気づいたの。

何が一番変わったのかと言うと、

私の気持。

せかせかしなくなった。

逆転現象のきっかけ

ある日、
朝と昼食を用意して出かけたのに、
夜帰ると、料理に手もつけてない。

「食べないなら先に言ってよ」と溜息つくと、

すかさず、娘が言った。
「自分が作ると決めてやってることでしょ。
嫌ならやめればいい!私は作って欲しいなんて頼んでない!」

「えっ?!!!!!」娘からまさかの反撃。

「ふーん、なるほど、
そうだね。おっしゃる通り」

「なんと嬉しい申し出。
じゃあ、食べたい時前もって言ってね」と、

次の日から、
朝はなーんにも作らずに、
「言って来まーす♪」と出勤。
帰って来ても、「今日は疲れちゃったからお弁当ね♪」と言って
二人でのんびりおしゃべりしながら食べる。

母親だから、
ちゃんとご飯作らなきゃって思ってたけど、

適当にしていた方が
娘は機嫌がいい。

つまりは、疲れた(義務的な)顔して作る手作りご飯より、

ご機嫌な顔で一緒に食べる
お惣菜ご飯の方が美味しいみたい。

大切なのは、
私がのんびり笑顔でいる事なのね。

お互い気が楽になって、一石二鳥。

母親=ご飯作る。こんな構図が
いつも頭の中にあって、特に休みの日は、
3食何作ろうって、
もう義務感ばかりで、全然楽しめなかった。

そして、たまにちゃちゃと料理出来ちゃう
料理好きの人を見ると劣等感持ったりして、
ほんと私って何をやっているんでしょう(^^;;

二人にとって心地良い形

「今日は母さんの肉うどん食べたい!」

時々入る娘からのラインメッセージ。

そんなリクエストがあった日は張り切って作って、
「真面目に作った!」と偉そ〜に出す。

娘から「ありがと〜」と笑顔で言われ、
美味しそうに食べてくれる。
もちろんそこに義務感なんて感じない。

力を抜いて、作りたいときに作る。
こうしているうちに、
私も案外料理好きになれるかもね(o^^o)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)