動画を「運動会のお父さんレベル」から「プロレベル」にする方法。 Web制作イベント【CSS Nite】

今日のテーマは「これからのウェブコンテンツ制作での映像の活用方法」といったテーマですが、普通の機材を使って「運動会のお父さんレベル」から「プロレベル」にするテクニックや方法を紹介してくれました!

アジェンダは

1、これからのウェブコンテンツ制作は映像を避けては通れない?
2、映像制作のフロー
3、自社制作可能範囲
4、配信プラットホーム
5、今後のウェブ

映像取り入れるメリット

最近のWeb業界は動画を積極的に取り入れ始めています。
その背景には、

  • 1.導入障壁が低くなった<20万くらいで機材が揃う 高機能 低価格 軽量化>
  • 2.手軽なアップロード環境
  • 3.Adobe CCの相性 HTML5でのVIDEOタグの対応(IE9以上は動く)

とにかくスマートフォンの普及により動画視聴が増えたことや、
SNS<youtube facebook instagram vine>の普及で自ら映像配信していくマインドができたことが大きい。

そして、映像取り入れるメリットは何といなっても、情報量の豊富さ。
音・視覚・映像は静止画より直感的に伝達できること。
「動作」による速度、順序や変化が理解しやすい、臨場感、LIVE感、リアリティ、空間的、距離感、力加減、ストーリー伝達、パーソナリティ、雰囲気、間や微妙なニュアンス等、あげ出したら切りがないと思う。

でも、闇雲に動画を埋め込めばいいわけではなく、そこには映像を最大限に活かすポイントがある。

無印良品に見る効果的な手法

ー 無印良品 ネッククッション MUJI to Sleep 4ー5秒の動画を埋め込みが秀逸したサイト。

PCでしか見ることはできないのですが、動画自体ではなく、スクロールすると出てくる4ー5秒程の動画が、この商品の特長をうまく伝えている。
無印良品のサイト>>
(↑私はこの動画を見て、このクッションを即座に買ってしまった!)

と、ここまで真面目にレポートしたけど、や~めた!

本当に書きたいのは話をしてくれた人のこと

この日一番面白かったのは、
クレスコ株式会社の映像ディレクターをしている方の話。

自分の作った動画の説明をしながら、
動画撮影時のポイントや使った基材を説明する時の嬉しそうなこと!

人は好きなことを話す時が一番輝くんだということを改めて感じさせてくれる。

自前の機材も会場に持ってきていて、
「これくらい揃っていれば、プロ並みの映像を簡単に取ることが出来ます!」とニコニコしながら話していたけど、

わたしに言わせれば、すでに素人が持つレベルをとうに超えていると思うけどね!

「これさえあれば、運動会レベルの映像から脱出できます」って

こんな機材持って撮影されたら、会場一丸ドン引きでしょ!!!と、

突っ込みどころ満載だったけど、

私、こうゆう人、好きだな~(*^^*)

自前の機材が凄すぎる!

↓これが自前の機材!
写真 2015-04-16 21 23 25

【カメラ】-OLYMPUS OM-D E-MS MarkⅡ
連続30分の動画もとれて、世界最高性能*1の5軸手ぶれ補正搭載
¥98,950

【ズームレンズ】-M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
¥185,000円 (レイズのほうが高い!!)

【マイク】-Rode Video Mic Gi
音をキレイに拾ってくれる
¥11,400

【ビデオカメラ用雲台】velbon fhd-52q
これは確認しなかったので多分この製品化と…
¥5,427

【固定台】Velbon FHD-52Q用クイックシュー QB-4X
雲台固定用にこれもついていたかと…
¥ 583

【カメラ撮影ミニスライダレール】-Koolertron 60cm
¥ 11,650
水平を保ちながら、カメラを移動できるので、これはおすすめ!
(運動会では隣の人に確実ににらまれるけどね)

【三脚】-軽量三脚
1万円くらいしたと言っていたのでこれではないかも。
なるべくがっしりしていたほうがカメラが安定していいとのことです!
¥6,380

写真 2015-04-16 21 22 51

【ドローン】-DJI PHATOM2
¥187,000
今は他の話題で有名になっているけど、下部のGO-PROをつけて飛ばせば臨場感のある動画が撮れるすごくいい機材。
最大25分飛び、700mほど電波が届く、電波が届かなくなる一歩手前で自分で帰ってきてくれるかわいいやつ。
操作はとても簡単で、風邪でポジションがずれると自分で戻ってくれるらしい。
(ただし、日本では150m以上飛ばすと法律に触れるので注意が必要、また、もし運動会で使ったら翌日にはPTAの議題となり禁止文章が出ること間違いなし!)

写真 2015-04-16 21 23 01

【ヘルメットカメラ】-Go Pro
¥35,200
自撮りに最高な機材。50cmくらい離すだけで全身を写すことができる。下記の手持ちジンバルにつければ、走ってる姿も臨場感たっぷりに撮れる。
(運動会で使いたかったら子供の走っている横をお父さんが追随して撮る!難しいと思うが…(^^ゞ)

【手持ちジンバル スタビライザー】-Feiyu Tech GoPro用
手ブレ補正力がすごい!
¥38,000

計10点
総額¥579,590円
(アマゾン調べ)

お~~~~~!

どう?
これって、そこら辺のお父さんが持ってて良いレベル?
確かに、車買うよりは安いかも(^^)

「ねっそんなに高くないでしょ?」ってニコニコしながらディレクターがつぶやいてたし。

これだけで、あなたもプロレベルの動画が撮れます!!!
是非ご検討を(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)