【口癖】幸せだね。

↑写真は公園に咲いていた睡蓮。

この前、お台場に花火をみに行った時、
隣に座った親子連れ。
子供は女の子で5才くらいかな〜。
お母さんが作ったおにぎり食べながら
「おにぎり美味しいね。幸せだね」って。

そして、花火が上がるたび、
「わぁ〜」って目をキラキラさせながら、
「綺麗だね、幸せだね」って。

隣で聴いてて、なんだかとても幸せな気持ちになって、
その姿を見ていたら、
隣にいるお母さんと目が合って、二人で軽く会釈。
その表情は柔らかくとても優しくて、
たぶん、この言葉、お母さんの口癖なんだろうなって思った。

口癖は自然に子供に移るからね。

そう思った時、私は子供の前で、
こんな日常のちょっとした事に、
「幸せだね」なんて言ったことあったかな〜って考えた。

こんなに幸せな気持ちになるのなら、
私も言おうかなって。

口癖、どうせなら
人を幸せな気持ちにするものがいいよね。

今度、娘の前で言ってみよう。
「あやと食べるご飯は美味しいなぁ〜。幸せだなぁ〜」って

たぶん、娘はこう言うと思う。

「かあさん、キモいんだけど」って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)